2017年9月5日

マイケル・ジャクソンの地ビールの世界


9月に入ったのと同時に、栗が落ち始めました。秋の始まりです。

8月30日で、ビアハンターと呼ばれたマイケル・ジャクソンさんが亡くなられて10年が経ちました。

 ウイスキーでも有名な方ですが、ベルギービールについて本を書き、世界中に広めた功績が特に大きな影響を与えています。
 私たちの世代ではお酒を飲み始めた時すでにたくさんの有名ベルギービールが日本に輸入されていましたが、もともとベルギービールの輸出量は20%以下だったそうです。

 マイケルジャクソンがベルギーを訪れ、1991年に"Great Beers of Belgium"の出版したことをきっかけにベルギービールの輸出量が大きく増え、95年には倍に、昨年2016年には生産量の70%近くが輸出されるまでになっています。

 「マイケル・ジャクソンの地ビールの世界」。
  


  今でもつくっているビールも、そうでないビールも。

 味わいはもちろん、ラベルやグラスを眺めたり集める楽しさ、ブルワリーを訪ねる楽しさ、合わせる食べもの…ビール全体を楽しむことが本から伝わってきます。

 ちょっとの間ブルワリーに置いてあります。
 ぜひめくってみてください。

2017年8月31日

今日から再出発


今年は知り合いのお米作りを少しだけ手伝いました。
暑くてバテながらも、夏の楽しい思い出です。


そして、床の補修も終わって昨日は久しぶりにビールを仕込むことができました。


普段ほとんど途切れることがないブルワリーの仕込みです。

仕込みがないからといって旅行に出かけるわけでもなく、
瓶詰め作業やイベントなど、ほかは普段通りでした。

でもやっぱり仕込みがない日々は何か忘れ物をしたような、
さびしいような不安なような気がしますね(笑)

今日からまた灼熱のブルワリーです。


モルト、


クーリング、


ニワトリさんたちのごはんになるモルトかす。

今日からまた新しい酵母、そして新しい野生酵母です。
気持ち新たに、どうぞよろしくお願いします!

2017年8月25日

小休憩


ここ2~3日はぶり返したような暑い日が続いています。
秋が待ち遠しいなぁ。


アナログなブルワリーは夏の間だんだん気温が高くなり、発酵も活発になってきます。

明け方酵母の様子を見に来たり、一番熱い時間を避けて夜中まで仕込みをしたり、
酵母が早く発酵すればするほど、くるくると動き回っていました。

最近は酵母の入れ替えのためもあり、少しゆっくり過ごせています。

この間にブルワリーのレイアウトを見直したり、
床の補修をしたり。

心穏やかに過ごせる時間に感謝しつつ、
これからのビールのことを考えたりしています。

みなさま暑さに負けず、楽しい週末をお過ごしください。

2017年8月18日

新しいビール


一週間ほど降りつづいた雨も、昨日ようやく止みました。
矢那の田んぼの中をお散歩。お米は雨が乾いたら収穫できそう…。
特産の矢那栗もたくさん実っていました。


夏も少しずつ終わりですね。

先週から、新しいビールがたくさんはじまりました!

♪ SUMMER PORTER … 暑い日に飲むアイスコーヒーのようなイメージで、
            飲み疲れない軽めの黒ビール(4.5%)

♪ Dark Lavender … ご近所さんのお庭で咲いたラベンダーをつかった、
          ロマンティックな香りのベルジャンダークエール。(5%)

♪ Brune de Pays … ライ麦をつかった”田舎のブラウンエール”です。
香ばしいモルトと、ライ麦のスパイシーで軽い飲み口のさっぱりした味わいです。(6%)
読み方は、「ブリューン ド ペイ」って呼んでます。


9%の夏のストロング、SUMMER DREAMと、
木更津の自然から採った酵母を使ったサワーブラウン、Le Petit Bonheur、
定番もあわせて7種類のラインナップです。

お盆も終わって日常に戻りつつある木更津…
お気軽にお越しください。

チーズ工房 千さんでのイベント


カッと晴れた大多喜で、イベントに参加させていただきました!


チーズ工房 千 senさんは、月に1日だけオープンする小さなチーズ屋さんです。
この日はチーズの営業日と重ねて古民家の前でビアガーデンのイベントが行われました。

今回は3種類の樽ビールと、3種類のボトルビールで”出張ボトルショップ”です。

ボトルの販売はあらかじめ税務署で(ちょっと大変な)手続きが必要なのですが、
車の方も多いので、ボトルもお土産できるようにしてやっぱり良かったです。

食べものは素敵な2店が出店。
地元いすみのお米、千葉県の塩、海苔、具にも手仕事の光る
絶品おにぎり屋さん、かっつぁんさん。



 
 ほとんど全種類食べました(笑)

 お気に入りは古代米と定番の千葉おにぎり。梅もおいしかったなぁ。

 夜は焼きおにぎり、お茶漬け…と、
 お酒に似合うメニューもたくさんありました。

そして麻顔さんの焼鳥。
レバーがトロっとして美味!
皮がパリッと焼かれていて、タレとの相性が抜群でした。

裏には刈米牧場があり、牛さんが牧草の食事中。
においのないきれいな牛舎でした。
千さんのチーズはこの牛さん達のの牛乳でつくられています。
牛乳の濃さも季節によって変わるそうですが、千さんでは人為的に濃さを均一に整えたりはせず、そのままチーズをつくるそうです。
 それがその季節に食べたい、ちょうどいい濃さのチーズができるのかもしれません。



夜はこの日のためにつくられた竹灯篭の前で、
松本佳奈さんの歌と馬場さんによるライブペインティング。


 満月と竹灯篭からぼんやりこぼれる光がきれいでした。

 美味しいチーズを求めて大多喜の奥地までたくさんの方が来ていました。
 暑い日でしたがご参加くださったみなさま本当にありがとうございます! 

2017年7月28日

千さんのチーズ。 イベントのお知らせ。


 ずっとブログで書きたいなと思っていてなかなか出来なかったのですが、
 チーズ工房 千 sen さんというチーズ屋さんが大多喜にあります。

 月に1回、木更津でもチーズを配達販売していらっしゃいます。
 写真は秋に食べた千さんのチーズ…

 青いのは”竹炭”、もみじが乗った季節のチーズ”もみじ”、”黒胡椒”。 
 


冷蔵庫で熟成させるとふわふわのカビにしわが入っていきます。

千さんはフレッシュタイプを中心に、
季節ごとに数種類のチーズをつくってらっしゃいます。
質感や酸味、香りがやさしく、なのに物足りなさを感じさせない、
どれも体になじむおいしさです。

ちょっと前に公民館で講演されるということで参加したのですが、
チーズへのこだわりや、チーズ工房をつくるまでのお話を聞いて、
女性がたくましく夢に向かっていくのを、率直にすごいなぁ~と、感動しました。
(お話も上手で引き込まれてしまいました。
あとで聞いたら人前で話したのはその時が初めてとのことでまたびっくり。)

 ひょんなことからお友達になり、それからはもっとお話しする機会ができました。
とにかく明るくて元気な千さん。
つくっているものは違うのですがとてもいい刺激を受けています。

 そんなチーズ工房 千senさんで、今回イベントを一緒にさせていただきます!


8月6日(日) 11:00~20:30
この日は木更津のボトルショップはお休みです。

この日は千さんの営業日でもあり、チーズを買うことができます。
生ビールだけでなくお持ち帰り用のボトルも数種類持っていきます。
牛さんに会えたり、お子様も楽しめるようなイベントです。
お車でもぜひお出かけください♪


2017年7月25日

夏は夜。


最近昼は薄曇りにべたっとした湿気と熱気に包まれている木更津…。
でも今夜は過ごしやすい、いい風が吹いています。


ブルワリーの中は仕込みの最後の冷却の段階まできました。
ふう~~。夏の仕込みは熱との戦いです。

今日から新しいお店で買ったコリアンダーを使っています。
大粒でさわやか、もっとはっきり香ります。

長南町の小麦を使ったウィートです。楽しみ!

まだまだ暑いですが、みなさま楽しい夏をお過ごしください。